壊れたロレックスを高く売る!買取業者の見積もり比較ナビ » あなたのロレックスは大丈夫?修理が必要な5つの故障例

あなたのロレックスは大丈夫?修理が必要な5つの故障例

ロレックスで修理・オーバーホールが必要な故障例

ロレックスは世界の中でもトップレベルの高精度かつ高耐久を誇る時計です。それゆえにオーバーホールやメンテナンスを行わないまま長期使用する方も多く、劣化を早めてしまう原因になっています。最悪の場合、修理に出しても直らなかったり、高額な修理費用が必要になったりするケースもあり得ます。では、どんなときに修理が必要になるのでしょうか。以下では代表的な5つの故障例を取り上げ、その原因と修理方法、修理費用の目安をまとめました。

針が動かない

意外と思われるかもしれませんが、ロレックスで時計針が止まる故障は珍しくありません。ロレックスは身に付けると勝手にネジが巻かれる機械式なので、毎日着用しているのに針が動かなくなったら故障の可能性が高いです。ゼンマイを巻いても針が止まる場合は、歯車の不具合や潤滑油の劣化が考えられます。

針が動かない場合
の修理方法を見る

ベルトの破損

ロレックスの特徴のひとつでもある、高級感溢れるステンレスベルト。こちらも非常に精巧に作られていますが、ベルトを形成する複数のパーツが紛失・破損するとベルトはバラバラになり、腕に装着できなくなってしまうこともあります。また、ぶつけたり、落としたりなど外部衝撃によるゆがみも起きやすいです。

ベルトが破損した場合
の修理方法を見る

リューズの破損

時間や日付を合わせるリューズは、なにかと触れる機会が多いパーツ。日頃から扱う場所なので、つい操作が雑になってしまいがちです。強く引っぱり過ぎてリューズが戻らなくなってしまう、リューズを閉め忘れてしまい内部に水やほこりが侵入して内部が故障してしまう、などのトラブルが起こり得ます。

リューズが破損した場合
の修理方法を見る

傷がついた

頑丈な作りとはいえ、圧をかけたり叩いたりすれば当然傷はつきます。風防(時計のガラス)、ベゼル(風防の周りに取り付けられるリング状のパーツ)が破損すると、文字盤に水やほこりが侵入する恐れがあるため、修理が必要になります。傷だけなら時計の機能には支障がありませんが、ベゼルに印字されている数字が薄くなったり、装飾が破損したりするとデザインは見劣りします。できれば修理をした方が良いでしょう。

傷がついた場合
の修理方法を見る

水没させた

ロレックスは基本的にすべての時計に100m防水が標準機能として備わっています。極論、時計を付けたままスキューバダイビングをしても動き続ける仕様なのです。ですが、リューズを締め忘れたまま手洗いや水仕事をしたり、プールに入ったりして水没させてしまう方も少なくありません。わずかな量でも水が入り込むと、年数を経ていくうちに内部の錆びや劣化が生じるため、早急な修理が必要です。

水没させた場合
の修理方法を見る